野原 四郎(読み)ノハラ シロウ

20世紀日本人名事典の解説

野原 四郎
ノハラ シロウ

昭和期の歴史学者 元・専修大学教授。



生年
明治36(1903)年9月5日

没年
昭和56(1981)年1月3日

出生地
北海道札幌市

学歴〔年〕
東京帝大文学部東洋史学科〔昭和5年〕卒

経歴
昭和5年庚午会(歴史学研究会の前身)結成に参加。13年回教圏研究所研究員となり、21年中国研究所創立と共に常勤研究員。41〜49年専修大学文学部教授を務めた。また32〜42年「歴史評論」編集長。著書に「アジアの歴史と思想」「中国革命と大日本帝国」、共著に「中国現代史」、訳書に郭沫若「中国古代の思想家達」、ガロディ「現代中国とマルクス主義」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android