コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野口鎮 のぐち しず

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野口鎮 のぐち-しず

1924-1993 昭和後期-平成時代の彫刻家。
大正13年4月8日生まれ。加藤顕清(けんせい)にまなぶ。昭和22年日展初入選。46年「ほぞ」で行動展奨励賞。51年女子美大講師。東京都田無の福祉法人緑寿園ロビーなど公共の場での制作も手がけた。平成5年11月17日死去。69歳。東京出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。本名は鎮夫。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

野口鎮の関連キーワード彫刻家

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android