加藤顕清(読み)かとうけんせい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

加藤顕清
かとうけんせい

[生]1894.12.19. 岐阜
[没]1966.11.11. 藤沢
彫刻家。本名鬼頭太。 1915年東京美術学校入学,高村光雲白井雨山師事,卒業後研究科に進む。この間奈良で古代彫刻を研究。 21年第3回帝展に入選。研究科を終了後,洋画科に再入学し,28年に卒業する。同年第9回帝展で特選,第 12回帝展審査員。以後帝展,日展の審査員を歴任し,33年東京美術学校講師,36年同志と日本彫刻家協会を創立。 62年日本芸術院会員となり,穏健な作風をもって官展に重きをなした。主要作品『コタンアイヌ』 (1941,東京芸術大学) ,『人間像-感情』 (52,旭川郷土博物館) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤顕清 かとう-けんせい

1894-1966 大正-昭和時代の彫刻家。
明治27年12月19日生まれ。帝展で昭和3年の「若き女」,4年の「幻影の美」,5年の「立てる婦人」が連続特選を受賞。以後,帝展,新文展,日展で審査員をつとめる。27年芸術院賞。37年芸術院会員。日展理事。日本彫塑会会長。昭和41年11月11日死去。71歳。岐阜県出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。本名は鬼頭太。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android