コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野守の鏡 ノモリノカガミ

デジタル大辞泉の解説

のもり‐の‐かがみ【野守の鏡】

《鷹(たか)狩りの途中で逃げた鷹を、野守がたまり水に映る影を見て発見したという故事から》野中の水を鏡にたとえていう語。
「花のころを影にうつせば秋の夜の月も―なりけり」〈山家集・上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

のもりのかがみ【野守の鏡】

〔雄略天皇が鷹たか狩りをしたときに、逃げた鷹を野守が野の水に映った影によって発見したという「袖中抄」などに見える故事から〕
野中のたまり水に物影が映るのを鏡にたとえた語。和歌では、普通では見えないものを見ることができる鏡の意にいわれる。 「はし鷹の-みてしがな/新古今 恋五

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

野守の鏡の関連キーワード三枝 和子三枝和子袖中抄

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android