野崎佐吉(読み)のざき さきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野崎佐吉 のざき-さきち

?-? 明治時代の陶工。
5代能登屋(のとや)吉左衛門。はじめ京都の錦光山(きんこうざん)の窯で磁器の製法をまなび,明治18年金沢鶯谷(うぐいすだに)の鶯谷庄米(しょうべい)の窯をゆずりうけ,2代土屋一光(いっこう)とともに経営した。加賀(石川県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android