コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

錦光山 きんこうざん

大辞林 第三版の解説

きんこうざん【錦光山】

京焼の陶家の名。また、その製品名。正保(1644~1648)の頃、初代小林源(徳)右衛門が京都粟田に開窯。1755年以降、将軍家の御用茶碗をはじめ、高級色絵陶器を製作。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

錦光山の関連キーワード錦光山 宗兵衛(7代目)帯山 与兵衛(9代目)小林徳右衛門(2代)小林徳右衛門(初代)諏訪 蘇山(1代目)錦光山宗兵衛(7代)帯山与兵衛(9代)諏訪蘇山(初代)錦光山(3代)錦光山(6代)岩倉山吉兵衛安田喜三郎小林喜兵衛沢田舜山宮崎柳仙宮永東山野崎佐吉将軍家右衛門粟田焼

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

錦光山の関連情報