コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野村直隆 のむら なおたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野村直隆 のむら-なおたか

?-? 戦国-織豊時代の武将。
はじめ浅井長政に,のち豊臣秀吉につかえて鉄砲頭となり,近江(おうみ)(滋賀県)国友城で2万石をあたえられる。天正(てんしょう)18年(1590)の小田原攻めに参加し,関ケ原の戦いでは西軍に属した。近江出身。通称は藤左衛門,肥後守

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

野村直隆

生年:生没年不詳
戦国・安土桃山時代の武士。はじめ藤左衛門,のち肥後守,出家して肥後入道と称した。近江の出身で,浅井長政に仕え,同じく長政に仕えていた島秀親や樋口直房とは相婿。近江国友城に拠り,鉄砲隊を率いて,元亀2(1571)年には信長方となった宮部継潤 の来襲を撃退している。のち信長に下り,次いで浅井氏滅亡後,豊臣秀吉に仕え,鉄砲頭に取りたてられ,国友城で2万石を与えられた。天正18(1590)年の小田原攻めには鉄砲隊を率いて従軍し,文禄の役には肥前名護屋城に駐屯した。慶長5(1600)年の関ケ原の戦では西軍に属し,伏見城攻めの軍監を務めている。

(小和田哲男)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android