コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肥後守 ヒゴノカミ

デジタル大辞泉の解説

ひご‐の‐かみ【肥後守】

肥後国司
文房具の小刀(こがたな)の一種。7、8センチの両刃鉄製の折りたたみ式の(さや)に収められるもの。鞘は柄(え)を兼ね、ふつう「肥後守」などの銘がある。大正半ばから兵庫県で生産され、片刃の切り出し小刀に代わって、昭和前期にかけて流行した。廃刀令後、旧熊本藩の御用鍛冶が作りはじめたのが起源という。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の肥後守の言及

【ナイフ】より

…(4)バーローナイフbarlow 19世紀にアメリカで大量生産されたジャックナイフの一種で,〈トム・ソーヤー物語〉にも登場。(5)肥後守 肥後守の文字が持ち手に彫ってある安価なポケットナイフ。熊本県の川尻が発祥地といわれ,日本の代表的工作ナイフ。…

※「肥後守」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

肥後守の関連キーワード藤原光経(1)木下長嘯子肥後(1)大和吉直中原師顕菊池政隆高麗殿嗣阿倍子嶋藤原敦信菊池武朝野村直隆細川光尚藤原資隆在原安貞田中三上菊池能運清原元輔菊池武時菊池重朝保科正光

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

肥後守の関連情報