コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野火止 のびどめ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

野火止
のびどめ

埼玉県南部,新座市の地区。承応2 (1653) 年川越城主松平信綱新田集落を計画し,川越街道に沿い短冊形に地割りし,領民 55戸を入植させた。入植2年後,野火止用水を開削して,飲料水,灌漑用水玉川上水から取水した。現在でも街道沿いにケヤキの並木がみられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

野火止の関連情報