コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野火止用水 のびどめようすい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

野火止用水
のびどめようすい

別称伊豆殿堀。埼玉県南部にある江戸時代前期の灌漑用水路の一つ。玉川上水の水を小平市中島町の西から導水新座市野火止原を通り,志木で新河岸川に注ぐ。全長 25km,幅約 1m。承応4 (1655) 年川越城主松平信綱 (伊豆守) が幕府の許可を得て,住民の飲料水,灌漑用水,雑用水の供給,付近一帯の開発を目的に家臣の安松金右衛門に命じて開削。水路の完成で北部武蔵野に新田ができた。 1973年周辺の都市化,水事情の悪化等のため流れがとだえたが,東京都の施策により 1984年清流が復活した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

野火止用水【のびどめようすい】

現在の埼玉県新座(にいざ)市にあった野火止新田の飲料水として使用された用水。1655年2月に老中川越藩主の松平信綱が江戸幕府に願い出て開削を開始,現在の東京都小平市の西端玉川上水分水し,同年3月完成。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

のびどめようすい【野火止用水】

老中で川越藩主の松平信綱が1655年(明暦1)幕府に願い,現東京都小平市の西端で玉川上水を分水して,武蔵国新座郡野火止村(現,埼玉県新座市)周辺の武蔵野畑作新田を開発するために引水した生活用水。信綱が家臣安松金右衛門に命じて引水した24kmの用水路で,引又(現,埼玉県志木市)を経て新河岸(しんがし)川へ落流していたが,1662年(寛文2)から掛樋(かけひ)(いろは樋(どい))で川をまたぎ,対岸の宗岡村(現,志木市)などの水田灌漑用水とした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

のびどめようすい【野火止用水】

東京都小平市から埼玉県新座市野火止を経て、新河岸川に至る用水路。1655年川越藩主松平信綱のとき玉川上水から分水、約24キロメートルの水路を完成。灌漑用水として領内開発に利用。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

野火止用水
のびどめようすい

埼玉県南部、新座(にいざ)市野火止にあった用水。伊豆殿(いずどの)堀ともよばれた。川越(かわごえ)城主松平伊豆守(いずのかみ)信綱(のぶつな)は1653年(承応2)野火止に新田集落をつくったが、この付近は地下水が深いので、飲料水や生活用水が不足した。このため、多摩川から江戸の飲料水として引いた玉川上水が1655年(明暦1)完成したのを機に、幕府から分水の許可を得て、家臣安松金右衛門(きんえもん)に命じ、多摩郡小川村(現東京都小平(こだいら)市)付近で取水し、新河岸(しんがし)川に落ちる流長24キロメートルの用水を開削させた。以来約300年間利用されてきたこの用水は、都市化による汚染のため1973年(昭和48)分水が止められたが、清流復活事業により1984年、11年ぶりに一部通水が復活した。[中山正民]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の野火止用水の言及

【新座[市]】より

…武蔵野台地の北東部にあたる野火止(のびどめ)台地上に位置し,付近一帯は《和名抄》にいう新座(にいくら)郡の地で,市名もこれに由来する。川越藩主松平信綱が1655年(明暦1)玉川上水から野火止用水を分水してから野火止新田の開発も進んだ。市域北部の大和田は,江戸時代は柳瀬川の渡河点にあたり,川越街道の宿駅として伝馬の継立てを行った。…

※「野火止用水」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

野火止用水の関連キーワード東久留米(市)小川九郎兵衛東村山(市)新座[市]新座(市)小平(市)清瀬(市)東大和市東村山市農業用水野火の里平林寺

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

野火止用水の関連情報