コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉川上水 たまがわじょうすい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

玉川上水
たまがわじょうすい

江戸時代,飲料水として多摩川の水を引いた上水路。神田上水と並ぶ二大上水の一つ。4代将軍徳川家綱のとき,庄右衛門,清右衛門が承応2 (1653) 年多摩川中流羽村 (はむら) と四谷 (よつや) 大木戸間の水路を着工。2度の失敗を経て,総奉行松平信綱のもとに同3年に竣工し,2人は玉川姓を与えられた。羽村-拝島-立川-武蔵境-下高井戸四谷大木戸 (現在の新宿) を経て (延長約 43km) ,ここから石樋,木管で江戸城内や各町に給水された。「江戸っ子は水道の水で産湯を」と自慢したという。また,灌漑用水として小金井をはじめ沿岸に多くの新田が開発された。近代水道整備後も 1965年まで淀橋浄水場への導水路として利用された。浄水場の東村山移転に伴い小平地点より下流部分は流水がとだえたが,東京都の施策により 1986年に清流が復活した。 (→千川上水 , 野火止用水 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たまがわ‐じょうすい〔たまがはジヤウスイ〕【玉川上水】

東京都羽村市多摩川の水を取り入れ、新宿区四谷大木戸に至る用水路江戸時代、江戸の飲料水供給のため、玉川庄右衛門・清右衛門兄弟によって承応3年(1654)に完成。明治以後も使用され、昭和40年(1965)までは淀橋浄水場へ、現在は東村山浄水場へ送水

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

玉川上水【たまがわじょうすい】

神田上水,千川上水とともに江戸三上水の一つ。1653年玉川庄右衛門・清右衛門兄弟により完成。多摩川の水を羽村市で取り入れ,四谷大木戸まで野方堀で通水。大木戸から地下樋(とい)で四谷見付へ,ここで2分されて,江戸城と虎ノ門へ給水された。
→関連項目神田上水上水道高井戸野火止用水羽村[市]武蔵野

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たまがわじょうすい【玉川上水】

江戸の上水道。武蔵野地方では四谷御上水とも呼んでいた。江戸の主要な上水道として玉川上水と神田上水があったが,神田上水は主として江戸の北部方面に配水され,玉川上水は南部方面に配水された。多摩川の水を引いたので玉川上水と呼んだが,取水口は羽村(はむら)(現在の東京都羽村市)にある。上水路は羽村から四谷大木戸(東京都新宿区)まで,およそ40km(《上水記》玉川上水野方堀通村々持場間数書付による)は開渠であるが,それから先,江戸城および江戸市中へは暗渠であった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

たまがわじょうすい【玉川上水】

東京都羽村市で、多摩川の水を取水し、都内新宿区四谷大木戸まで約50キロメートルに達する用水路。江戸市中の上水道とするため、玉川庄右衛門・清右衛門兄弟が1653年着工し、翌年完成。1965年(昭和40)淀橋上水場廃止まで使用された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

国指定史跡ガイドの解説

たまがわじょうすい【玉川上水】


東京都羽村市・福生市・昭島市・立川市・小平市・小金井市西東京市・武蔵野市・三鷹市・杉並区・世田谷区・渋谷区を流れる水路。江戸時代前期、江戸市中への給水を目的として、武蔵国多摩郡羽村(現羽村市)の多摩川に取水口を設け、江戸の東の入り口にあたる四谷大木戸(現新宿区)にいたるまでの約43km間を、自然流下により導水する施設として掘削された素掘りの開渠(かいきょ)水路。優れた測量技術に基づく長大な土木構造物で、近世初期における水利技術を理解するうえで重要なことから、羽村市羽西の羽村取水口から新宿区四谷の四谷大木戸までの水路敷のうち、開渠部分の約30.4kmが2003年(平成15)に国の史跡に指定された。江戸市中に入った上水は、石樋・木樋などの暗渠(あんきょ)水路で江戸城・武家屋敷・庶民の居住地などに配水され、飲料水のみならず、防火用水・泉水用水・堀用水などに使用された。羽村取水口へは、JR青梅線羽村駅から徒歩約20分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

玉川上水
たまがわじょうすい

江戸の上水道。四谷(よつや)御上水ともよばれた。江戸の主要な上水道として、水系を異にする玉川上水と神田(かんだ)上水があったが、神田上水は主として江戸の北部方面に配水された。これに対して玉川上水は江戸の南部方面に配水された。水源は多摩川で、羽村(はむら)(東京都羽村市)で取り入れている。羽村から武蔵野(むさしの)台地を横切り、四谷大木戸(東京都新宿区)まで、およそ40キロメートル(『上水記』玉川上水野方(のがた)堀通村々持場間数書付による)は開渠(かいきょ)であるが、それから先、江戸城および江戸市中へは暗渠(あんきょ)であった。江戸への飲料水であったが、途中の武蔵野台地の村々へも野火止(のびどめ)用水など分水され、飲料水あるいは灌漑(かんがい)用水として利用された。上水路の開削は、羽村から四谷大木戸までが1653年(承応2)に、四谷大木戸から江戸城虎ノ門(とらのもん)前までがその翌年に完成した。これ以後は江戸の市中の配水路が次々に延長されていった。開削者については江戸町人とも多摩地方の農民とも伝えられる庄右衛門(しょうえもん)・清右衛門(せいえもん)の2人がよく知られているが、一説にはこの2名は工事に失敗し、川越(かわごえ)藩松平信綱(のぶつな)の家臣安松金右衛門によって完成されたとも伝えられている。庄右衛門・清右衛門は玉川上水完成後、玉川の姓を与えられ、その経営を請け負った。この請負は玉川両家で世襲されたが、1739年(元文4)両家とも役を罷免され、以後同上水は幕府の直営となった。1898年(明治31)東京に改良水道が完成したため、1901年(明治34)廃止。[伊藤好一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の玉川上水の言及

【下水道】より

…会津若松の天寧寺町では,1685年(貞享2)の〈天寧寺町風俗帳〉によると,家々の〈遣溝〉が西のほうにあるために,南側では東南に〈追垣〉して屋敷内に穴を掘り,これに下水をためているが,北側では東北に〈追垣〉して,〈遣い水〉は北西へ排水路をつけ,裏の小川へ流していた(《会津風土記・風俗帳》巻二)。農村でも武蔵国多摩郡小川村(現,小平市)では,飲料水として玉川上水の分水を屋敷の裏手に引き,下水路は,表通りの青梅街道の中央に1筋つくって,下水が用水路に流れ込まぬようにしていた。江戸では17世紀半ばの正保・慶安のころ,〈下水ならびに表の溝〉〈表裏の下水〉などの管理について,頻繁に町触が出されている。…

【上水道】より

…【小林 三樹】
【日本の水道の歴史】

[江戸時代の上水]
 近世城下町の経営には多かれ少なかれ,上水を供給することの配慮が払われた。江戸では1590年(天正18)に神田上水,1653年(承応2)に玉川上水が開かれ,江戸城下町の建設に伴う上水供給の計画が進められている。福井では芝原上水が1606年(慶長11)に竣工し,赤穂では赤穂水道が14年から16年(元和2)にかけて着工され,45年(正保2)の浅野氏の入部以後に,城下町の拡張に伴って整備された。…

※「玉川上水」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

玉川上水の関連キーワード住民投票の対象となった都道計画羽村草花丘陵都立自然公園投票対象の都道計画東京都羽村市羽東溜池(東京都)小川九郎兵衛玉川清右衛門国分寺[市]安松金右衛門小金井[市]江戸町年寄福生(市)武蔵野新田山崎 富栄松本 虎雄田無[市]伊奈忠克小金井桜川崎定孝保科正之

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

玉川上水の関連情報