コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野間岬 のまみさき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

野間岬
のまみさき

鹿児島県南西部,薩摩半島から突出した野間半島の北西端の岬。笠沙岬 (かささのみさき) ともいう。南さつま市に属する。野間半島の陸繋島東シナ海に面する。半島基部北側の野間池に漁港がある。坊野間県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔鹿児島県〕野間岬(のまみさき)


鹿児島県南西部、薩摩(さつま)半島南西部から東シナ海に突き出た野間半島の先端。薩摩野間岬灯台・海上保安庁のロラン(遠距離航行援助施設)局がある。東西に約3km延びる標高100~130mの台地に海食崖(かいしょくがい)がつくる絶壁奇岩が点在する景勝地。古くは島津家の牧場があった場所で、牧神碑が立つ。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の野間岬の言及

【野間半島】より

…鹿児島県薩摩半島の南西部にある副半島。北西方向に突出して東シナ海に臨み,さらにその先端に陸繫島の野間岬がある。川辺郡笠沙町と大浦町に属する。…

※「野間岬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

野間岬の関連キーワード海上保安庁宇治群島草垣群島ロラン海食崖台地

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

野間岬の関連情報