コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野間半島 のまはんとう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

野間半島
のまはんとう

鹿児島県南西部,薩摩半島の南西に突出する半島。南さつま市に属する。無霜地帯でポンカンが栽培される。随所ヘゴ自生,最高点は野間岳 (591m) 。この一帯の海岸は沈降したリアス海岸で,坊野間県立自然公園に指定されている。釣り客でにぎわう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

のまはんとう【野間半島】

鹿児島県薩摩半島の南西部にある副半島。北西方向に突出して東シナ海に臨み,さらにその先端に陸繫島の野間岬がある。川辺郡笠沙町大浦町に属する。花コウ岩,安山岩などの火山岩からなり,最高点の野間岳(591m)は海上交通の標識の役割を果たしてきた。東岸はリアス海岸,西岸は断崖で,野間岬の基部には陸繫のとき取り残された野間池がある。シイ,カシの常緑広葉樹が茂り,ヘゴの自生北限地(天)でもあり,坊野間県立公園に含まれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔鹿児島県〕野間半島(のまはんとう)


鹿児島県南西部の小半島。薩摩(さつま)半島南西部から東シナ海に突出する。半島最高峰は野間岳(標高591m)。南と北はリアス式海岸。先端近くに陸繋砂州(りくけいさす)で形成された野間池がある。シイ・カシの常緑広葉樹が広がり、ヘゴ・ソテツが自生。坊野間(ぼうのま)県立自然公園に属する。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

野間半島
のまはんとう

鹿児島県薩摩(さつま)半島の南西端に突出した小半島。南さつま市にある。周囲はリアス式海岸をなし山脚部が急傾斜で海に没し、凹凸の激しい海岸線である。周辺には多数の小島や岩礁群も散在する。最高点は野間岳で標高591メートル。山頂付近がドーム状の独特の形態を示している。基盤は四万十(しまんと)層群であるが、北側海岸部の一部に露出する程度で、広くは第三紀の火山岩類(輝石安山岩)に覆われている。先端部には、陸繋砂州(りくけいさす)で形成された野間池を挟んで野間岬が東シナ海に向かって突出する。随所にヘゴが自生し、常緑広葉樹林が広くみられる。付近一帯は坊野間県立自然公園に指定されている。[塚田公彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

野間半島の関連キーワードリアス式海岸笠沙[町]大浦[町]陸繋砂州磐長姫大浦笠沙

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android