コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陸繋島 りくけいとう land-tied island

4件 の用語解説(陸繋島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

陸繋島
りくけいとう
land-tied island

砂州によって陸地とつながった島。陸地の近くの小島によって沿岸流に乱れが起き,運搬されてきた岩屑が両者の間に堆積して砂州を形成し,島と陸地をつなぐ。この砂州の部分を陸繋砂州 (トンボロ ) という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

りくけい‐とう〔‐タウ〕【陸×繋島】

陸の近くにあった島が、砂州の発達で陸地と連結してしまったもの。和歌山県潮岬(しおのみさき)北海道函館(はこだて)山など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

陸繋島【りくけいとう】

本陸から離れた沖合の島が砂州(さす)により本陸と連結したもの。この砂州を陸繋砂州(トンボロ)という。函館は陸繋砂州の上に発達した市街で,函館山が陸繋島である。
→関連項目青島糸島半島宇品江の島男鹿半島笠戸島舘山寺[温泉]潮岬志賀島土庄[町]鳴瀬[町]函館[市]引田[町]屋島行橋[市]苓北[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

陸繋島
りくけいとう

海岸近くに存在する島に砂州(さす)が発達して、ついに陸岸とつながってしまったもの。島と陸岸とを結ぶ砂州はトンボロtomboloとよばれ、陸繋島に対し1本で結ばれたものや、2本、3本で結ばれて中央に海跡湖(潟湖(せきこ))をもったものなど種々の形態がある。わが国の代表的な陸繋島は、北海道の函館(はこだて)山、紀伊半島の潮岬(しおのみさき)などがあり、そのトンボロには函館市街や串本(くしもと)漁港(和歌山県)などが発達している。リアス式の海岸には小さい規模の陸繋島が多数存在する。[豊島吉則]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

陸繋島の関連キーワード海進陸成層沿海陸地陸地測量部陸続きランドフォール陸地綿発達した島弧つながり気味

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

陸繋島の関連情報