コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陸繋島 りくけいとうland-tied island

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

陸繋島
りくけいとう
land-tied island

砂州によって陸地とつながった島。陸地の近くの小島によって沿岸流に乱れが起き,運搬されてきた岩屑が両者の間に堆積して砂州を形成し,島と陸地をつなぐ。この砂州の部分を陸繋砂州 (トンボロ ) という。函館山は好例で函館市街地は陸繋砂州上に発達した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

陸繋島【りくけいとう】

本陸から離れた沖合の島が砂州(さす)により本陸と連結したもの。この砂州を陸繋砂州(トンボロ)という。函館は陸繋砂州の上に発達した市街で,函館山が陸繋島である。
→関連項目青島糸島半島宇品江の島男鹿半島笠戸島舘山寺[温泉]潮岬志賀島土庄[町]鳴瀬[町]函館[市]引田[町]屋島行橋[市]苓北[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

陸繋島
りくけいとう

海岸近くに存在する島に砂州(さす)が発達して、ついに陸岸とつながってしまったもの。島と陸岸とを結ぶ砂州はトンボロtomboloとよばれ、陸繋島に対し1本で結ばれたものや、2本、3本で結ばれて中央に海跡湖(潟湖(せきこ))をもったものなど種々の形態がある。わが国の代表的な陸繋島は、北海道の函館(はこだて)山、紀伊半島の潮岬(しおのみさき)などがあり、そのトンボロには函館市街や串本(くしもと)漁港(和歌山県)などが発達している。リアス式の海岸には小さい規模の陸繋島が多数存在する。[豊島吉則]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

陸繋島の関連キーワードトンシャン(東山)島明神池(山口県)パラグアナ半島ウィルソンズ岬ラ・コルニャ堂ヶ島海岸柿崎弁天島柴垣海岸海ノ中道絵鞆半島ラリネア紀ノ松島室積半島香焼島弁天島倉橋島津屋崎天妃山丹生島野間岬

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

陸繋島の関連情報