コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薩摩半島 さつまはんとう

7件 の用語解説(薩摩半島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

薩摩半島
さつまはんとう

鹿児島県南西部の半島。東は鹿児島湾,西と南は東シナ海に面する。中央部は標高 500m前後の丘陵性の山地,西部にはシラス台地(→シラス)や新期火山灰に覆われた洪積台地が広がり,南西部は枕崎台地呼ばれる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さつま‐はんとう〔‐ハンタウ〕【薩摩半島】

鹿児島県南西部の半島。低い山地と火山灰層の台地とからなり、鹿児島湾を隔てて大隅(おおすみ)半島と対する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

薩摩半島【さつまはんとう】

鹿児島県南西部の半島。東西の分水界は著しく東にかたより,西側は緩斜して吹上浜となる。北部はシラス台地の延長,中部は白亜系の山地,南部は火山地帯で開聞岳や池田湖などがある。
→関連項目伊集院[町]頴娃[町]大浦[町]開聞[町]笠沙[町]川辺[町]喜入[町]霧島屋久国立公園金峰[町]黒島知覧[町]東市来[町]日吉[町]吹上[町]坊津[町]松元[町]山川[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

さつまはんとう【薩摩半島】

鹿児島県の西半を占め,南に突出する半島。西および南は東シナ海,東は鹿児島湾(錦江湾)を隔てて大隅半島に対する。地形的には鹿児島市鹿児島湾に注ぐ甲突(こうつき)川河口と東市来町で東シナ海に注ぐ江口川河口を結ぶ低地以南を指し,行政的にはほぼ串木野市を含む旧日置(ひおき)郡と鹿児島市を含む旧鹿児島郡以南の地域にあたる。広義には鹿児島湾奥にあたる別府川河口と川内(せんだい)川河口を結ぶ線以南を指すこともある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さつまはんとう【薩摩半島】

鹿児島県南西部にある半島。鹿児島湾を隔てて大隅半島に対する。低山地と火山灰層の台地が発達。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔鹿児島県〕薩摩半島(さつまはんとう)


鹿児島県南西部の半島。西と南は東シナ海に臨み、東は鹿児島湾を隔てて大隅(おおすみ)半島に対する。中央東側を薩南(さつなん)山地が走り、西側に標高約200mのシラス台地、西海岸に吹上(ふきあげ)浜の砂丘が広がる。南西部に野間(のま)半島が突出。茶・サツマイモなどの畑作が盛ん。枕崎(まくらざき)市や指宿(いぶすき)市山川(やまがわ)はカツオ漁の基地。鹿児島湾岸の鹿児島市喜入(きいれ)に世界有数の規模の石油備蓄基地がある。海岸にはヘゴ・ソテツなどが自生。南東部は霧島屋久(きりしまやく)国立公園に属し、開聞(かいもん)岳・池田(いけだ)湖・鰻(うなぎ)池・指宿温泉などがある。南西岸の南さつま市坊津(ぼうのつ)港は鑑真(がんじん)が漂着したところであり、古代の遣唐使(けんとうし)の出発地となった古い港町。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

薩摩半島
さつまはんとう

鹿児島県本土部の南西に突き出した大半島。本土部の東半分を占める大隅(おおすみ)半島と相対している。この両者の間にあるのが鹿児島湾(錦江(きんこう)湾)で、その湾奥付近に桜島がある。この半島は、鹿児島市、指宿(いぶすき)市、南九州市、枕崎(まくらざき)市、南さつま市、日置(ひおき)市によって占められる。半島の性格をもつ地域は鹿児島市―日置市東市来(ひがしいちき)町を結ぶ国道3号以南。鹿児島市の中部から、半島を縦断している山地は最高600メートル程度であるが、分水界は著しく東側に偏し、鹿児島市や指宿市の一部を除き沖積低地はごく狭い。これに反し、半島西側には比較的広く分布する。鹿児島市の西側背後には、いわゆるシラス台地が標高200メートル程度を保ちながら半島を横断し、東シナ海に臨む吹上(ふきあげ)浜の低地へと続く。また、半島南端には南へ向かって緩やかに傾斜する広い台地もある。これらの広い台地面では畑作が行われ、茶およびサツマイモの栽培が盛んである。半島の南東端付近には指宿温泉や池田湖、開聞(かいもん)岳などがあり、霧島錦江湾(きりしまきんこうわん)国立公園の一部となっている。ここから、台地の縁を約20キロメートル西へ進むと漁業の町、枕崎市に至る。さらに北西に向かって突き出す小半島を野間(のま)半島とよび、ここはヘゴの自生北限地やソテツの自生地となっていて、坊野間(ぼうのま)県立自然公園に指定されている。南さつま市坊津(ぼうのつ)は鑑真(がんじん)の上陸地といわれ古い歴史の町でもある。この小半島の付け根付近からは北へ向かって約30キロメートルの弧を描く吹上浜の砂丘地帯が続く。薩摩半島はまた、湾内に建設された世界最大規模の喜入(きいれ)石油備蓄基地のあることでも知られる。[塚田公彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

薩摩半島の関連キーワード野間岬日置大浦[町]知覧[町]東市来[町]枕崎[市]鹿児島県鹿児島郡鹿児島県熊毛郡鹿児島県鹿児島市草牟田鹿児島県鹿児島市永吉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

薩摩半島の関連情報