コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野間文芸賞 ノマブンゲイショウ

デジタル大辞泉の解説

のま‐ぶんげいしょう〔‐ブンゲイシヤウ〕【野間文芸賞】

講談社の初代社長、野間清治(せいじ)を記念して昭和16年(1941)に創設された文学賞。毎年1回、優れた小説・評論作品に贈られる。当初は作家個人に贈られており、第1回受賞者は真山青果

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

野間文芸賞の関連キーワード長い時間をかけた人間の経験神器 軍艦「橿原」殺人事件マロニエの花が言ったヨオロツパの世紀末洪水はわが魂に及び拳銃と十五の短篇ひべるにあ島紀行目まいのする散歩好きな女の胸飾りみいら採り猟奇譚私のチェーホフ年月のあしおとさまざまな青春いのちとかたち百年の旅人たち野間児童文芸賞詩集死の淵よりその姿の消し方忠臣蔵とは何かジェントルマン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

野間文芸賞の関連情報