野間文芸賞

デジタル大辞泉プラス「野間文芸賞」の解説

野間文芸賞

野間文化財団が主催する文学賞。「野間」と通称される。優れた純文学作品および評論を顕彰する。“野間三賞”のひとつ。講談社の創業者、野間清治遺志により設立された野間奉公会(野間文化財団の前身)が1941年に創設。1946年から一時中断するが、1953年、第6回から再開。中断前の第5回までは作品ではなく作家個人を対象とした。第1回受賞者は真山青果。賞が復活した第6回の受賞作は丹羽文雄蛇と鳩」。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉「野間文芸賞」の解説

のま‐ぶんげいしょう〔‐ブンゲイシヤウ〕【野間文芸賞】

講談社の初代社長、野間清治(せいじ)を記念して昭和16年(1941)に創設された文学賞。毎年1回、優れた小説・評論作品に贈られる。当初は作家個人に贈られており、第1回受賞者は真山青果

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android