コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

量子カスケードレーザー りょうしかすけーどれーざー quantum cascade laser

1件 の用語解説(量子カスケードレーザーの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

量子カスケードレーザー

サブバンド間遷移を利用した新しいタイプ半導体レーザー量子井戸などの量子閉じ込めにより新たに形成される電子状態をサブバンドと呼び、サブバンドにおける電子のエネルギーの変化を利用した発光や受光をサブバンド間遷移と呼ぶ。普通のレーザーでは電子と正孔の結合により発光するが、電子のみで発光可能。量子井戸を多段接続(カスケード)して1つの電子で何回も発光させることができる。将来は1〜50μm(マイクロメートル)の波長域全体をカバーすることが期待されている。

(荒川泰彦 東京大学教授 / 桜井貴康 東京大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

量子カスケードレーザーの関連キーワード購買行動のタイプ量子井戸レーザー仮名タイプ和文タイプライターハクラン共鳴ラマン効果リュードベリ遷移クリアタイプ適正タイプ銃剣道着

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone