コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カスケード かすけーど

6件 の用語解説(カスケードの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

カスケード

複数のウィンドウを、上下左右を少しずつずらしながら、重ねて表示すること。アプリケーション側で特に指定しない場合、Windowsでのウィンドウはデフォルトカスケード表示されるようになっている。Windowsでは、タスクマネージャを利用することで、現在表示されているウィンドウをカスケード表示にできる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

栄養・生化学辞典の解説

カスケード

 小さな刺激が段階的に次々と増幅して,大きな効果を引き起こす方式をカスケード方式の増幅といい,カスケードと簡単によぶ.例えば,リン酸化カスケードとはホルモンレセプターの結合という信号が細胞内で次々と多くのリン酸エステル化を引き起こしてホルモンの効果を発現すること.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

カスケード

アメリカに本拠地を置く日用消費財メーカープロクターアンドギャンブル(P&G)が製造・販売する台所用洗剤ブランド名食器洗い乾燥機に適する。粉末タイプと液体タイプがある。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

カスケード【cascade】

岩場を段になって流れる滝。
庭園などにつくられる、階段状に連続した滝。水階段。
段々になっているもの。段階的に連なっているもの。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カスケード
カスケード
cascade

庭園内に人工的に構築される滝。ヨーロッパではイタリア・ルネサンスの庭園のカテーナ・ダッカ (水の鎖) に始る。たくさんの小さな水受けが連なり,上段から水が次々と流れ落ちる形式のもので,ビラ・ランテビラ・ファルネーゼのように苑路の中央に設けられる場合と,苑路を縁取る手すりを段状に造りそこに水を流す場合とがあった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カスケードの関連情報