コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カスケード かすけーど

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

カスケード

複数のウィンドウを、上下左右を少しずつずらしながら、重ねて表示すること。アプリケーション側で特に指定しない場合、Windowsでのウィンドウはデフォルトでカスケード表示されるようになっている。Windowsでは、タスクマネージャを利用することで、現在表示されているウィンドウをカスケード表示にできる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

カスケード(cascade)

階段状に水の落ちる滝。
庭園の傾斜地などで、階段状に流した水の流れ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典の解説

カスケード

 小さな刺激が段階的に次々と増幅して,大きな効果を引き起こす方式をカスケード方式の増幅といい,カスケードと簡単によぶ.例えば,リン酸化カスケードとはホルモンレセプターの結合という信号が細胞内で次々と多くのリン酸エステル化を引き起こしてホルモンの効果を発現すること.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

カスケード【cascade】

岩場を段になって流れる滝。
庭園などにつくられる、階段状に連続した滝。水階段。
段々になっているもの。段階的に連なっているもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カスケード
cascade

庭園内に人工的に構築される。ヨーロッパではイタリア・ルネサンスの庭園のカテーナ・ダッカ (水の鎖) に始る。たくさんの小さな水受けが連なり,上段から水が次々と流れ落ちる形式のもので,ビラ・ランテビラ・ファルネーゼのように苑路の中央に設けられる場合と,苑路を縁取る手すりを段状に造りそこに水を流す場合とがあった。バロック期には滝状の壮大なものが造られ,フラスカティのビラ・トローニア,ビラ・アルドブランディーニに例がみられる。これは各地に影響を与え,ドイツのビルヘルムスヘーエのように 200m以上の落差をもつものも造られた。フランスではイタリア式の大カスケードも造られたが,平坦な土地に展開する整形庭園ではダム形式が多い。中東,インドのイスラム庭園では,チャダールと呼ばれる,石やタイルの斜面を水が流下する形式が好んで用いられ,室内に造られることもあった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カスケードの関連キーワードバーバー(Homi Jehangir Bhabha)カスケード コンプリート パウダータイプカスケード コンプリート ゲルマウント・レーニア国立公園カスケード パウダータイプセントヘレンズ火山国定公園クレーターレーク国立公園ニューベリー火山国定公園カスケード クリスタル新カスケード・トンネル電磁カスケードシャワーラッセン火山国立公園ティアドロップブーケカスケード・トンネルレーニア山国立公園カスケードシャワーアップリンクポートキャスケードブーケグレート・ベースンカスケード ゲル

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カスケードの関連情報