コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

量子素子 リョウシソシ

デジタル大辞泉の解説

りょうし‐そし〔リヤウシ‐〕【量子素子】

量子力学的な現象を効果的に利用する素子。半導体などを超微細化した際に顕在する電子の波動性やトンネル効果といった現象を、素子の動作原理として積極的に取り入れたもの。量子コンピューター量子ビットを制御する量子演算素子を意味することもある。量子化機能素子

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

量子素子の関連情報