コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金剛経信仰 こんごうきょうしんこう

世界大百科事典 第2版の解説

こんごうきょうしんこう【金剛経信仰】

金剛般若経》の功徳を期待する信仰。金剛経の漢訳は現存するだけでも6訳があり,註疏(ちゆうそ)は無数にのぼる。また山東省泰山には磨崖の大字石経が残るなど,古来この信仰がいかに流布したかを物語る。禅宗では第5祖から《楞伽(りようが)経》にかわる所依経典とされたが,民間でも《観世音三昧経》とならんで信仰を集めた。孟献忠の《集験記》をはじめ段成式の《鳩異》など感応記や霊験伝が多い。【藤善 真澄】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android