金剛経信仰(読み)こんごうきょうしんこう

世界大百科事典 第2版の解説

こんごうきょうしんこう【金剛経信仰】

金剛般若経》の功徳を期待する信仰。金剛経の漢訳は現存するだけでも6訳があり,註疏(ちゆうそ)は無数にのぼる。また山東省泰山には磨崖の大字石経が残るなど,古来この信仰がいかに流布したかを物語る。禅宗では第5祖から《楞伽(りようが)経》にかわる所依経典とされたが,民間でも《観世音三昧経》とならんで信仰を集めた。孟献忠の《集験記》をはじめ段成式の《鳩異》など感応記や霊験伝が多い。【藤善 真澄】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android