コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金剛経信仰 こんごうきょうしんこう

1件 の用語解説(金剛経信仰の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こんごうきょうしんこう【金剛経信仰】

金剛般若経》の功徳を期待する信仰。金剛経の漢訳は現存するだけでも6訳があり,註疏(ちゆうそ)は無数にのぼる。また山東省泰山には磨崖の大字石経が残るなど,古来この信仰がいかに流布したかを物語る。禅宗では第5祖から《楞伽(りようが)経》にかわる所依経典とされたが,民間でも《観世音三昧経》とならんで信仰を集めた。孟献忠の《集験記》をはじめ段成式の《鳩異》など感応記や霊験伝が多い。【藤善 真澄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

金剛経信仰の関連キーワード金剛経金剛座金剛手金剛般若経金剛不壊金剛力大般若経会般若経五秘密法金剛般若

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone