金剛般若経(読み)コンゴウハンニャキョウ

世界大百科事典 第2版の解説

こんごうはんにゃきょう【金剛般若経】

般若経典の一つ。サンスクリット名バジュラッチェーディカー・プラジュニャーパーラミターVajracchedikā‐prajñāpāramitā。サンスクリット本,チベット訳,漢訳が現存。漢訳は6種あるが,そのうち,鳩摩羅什(クマーラジーバ)訳《金剛般若波羅蜜経》1巻(5世紀初め)が広く用いられる。玄奘訳《大般若経》では第9会をなす。略称《金剛経》。本経の成立に関しては,他の般若経典に先立って成立したとする説と,他の般若経典に遅れてその要約として作られたとする説がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こんごうはんにゃきょう【金剛般若経】

「金剛般若波羅蜜多経」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の金剛般若経の言及

【金剛経信仰】より

…《金剛般若経》の功徳を期待する信仰。金剛経の漢訳は現存するだけでも6訳があり,註疏(ちゆうそ)は無数にのぼる。…

【般若】より

…真実の智慧の完成)は他の五つすべての根底をなすものとして重視された。〈般若波羅蜜〉を強調する経典として《小品般若経(しようぼんはんにやぎよう)》《大品般若経》が挙げられるが,とくに一般に流行したものとしては《般若心経》《金剛般若経》がある。それらは《大般若波羅蜜多経》600巻(玄奘訳)として集大成された。…

【般若経】より

…《八千頌》を増広したものとして《十万頌般若経》《二万五千頌般若経》などがあり,《二万五千頌》のクマーラジーバによる漢訳《大品(だいぼん)般若経》が中国,日本では最も重視された。逆に短いものとしては,《金剛般若経》《般若心経》などがよく知られている。密教化した《理趣経》なども般若経典の一部である。…

※「金剛般若経」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

チェブラーシカ

エドゥアールト・ウスペンスキーによるロシアの児童書「わにのゲーナ」(1967年発表)、また同作品を原作とする、人形アニメーション映画「チェブラーシカ」(1969~83年、ロマン・カチャーノフ監督)から...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android