金城信吉(読み)きんじょう のぶよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金城信吉 きんじょう-のぶよし

1934-1984 昭和時代後期の建築家。
昭和9年12月1日生まれ。琉球政府建築課勤務をへて,設計事務所を設立し独立。那覇市民会館や沖縄国際海洋博覧会記念沖縄館などを設計した。沖縄の伝統建築様式を現代にいかすことにつとめた。昭和59年4月10日死去。49歳。沖縄県出身。沖縄工卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android