コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金堉 きんいく Kim Yuk

1件 の用語解説(金堉の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きんいく【金堉 Kim Yuk】

1580‐1658
朝鮮,李朝中期の開明的政治家,実学者。字は伯厚,号は潜谷。清風の人。1519年の士禍で殺された八賢の一人金湜を高祖父にもつ。30代の農村(潜谷)生活,40代の地方官時代,50代以降の数度にわたる北京旅行(冬至使ほか)という豊富な経験を生かし,観象監提調,領議政など要職を歴任して時憲暦の施行,大同法(新税制)の普及など諸改革を実施した。また車の製造,水車の使用,通貨の普及などを主張し,実現につとめた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

金堉の関連キーワード高麗茶碗三浦の乱李朝李朝実録開明書堂説明的科学金誠一

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone