コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金堉 きんいくKim Yuk

世界大百科事典 第2版の解説

きんいく【金堉 Kim Yuk】

1580‐1658
朝鮮,李朝中期の開明的政治家,実学者。字は伯厚,号は潜谷。清風の人。1519年の士禍で殺された八賢の一人金湜を高祖父にもつ。30代の農村(潜谷)生活,40代の地方官時代,50代以降の数度にわたる北京旅行(冬至使ほか)という豊富な経験を生かし,観象監提調,領議政など要職を歴任して時憲暦の施行,大同法(新税制)の普及など諸改革を実施した。また車の製造,水車の使用,通貨の普及などを主張し,実現につとめた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

金堉の関連キーワードアビス朝一向一揆アビス朝アク・ナザル・ハンアビス朝石山戦争加賀一向一揆鳥取(市)ポルタ(Giacomo della Porta)モンゴル(国)

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android