コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

士禍 しか sahwa

2件 の用語解説(士禍の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

士禍
しか
sahwa

朝鮮,朝鮮王朝 (李朝) 前期,新旧官僚間に起った一連の抗争をいう。代表的なものとして,戊午,甲子,己卯 (きぼう) ,乙巳 (いつし) の四大士禍がある。燕山君4 (1498) 年の戊午の士禍は『成宗実録』編纂の史草問題で金宗直一派の士林が柳子光らの讒言にあい,処刑された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しか【士禍】

朝鮮,李朝中期に勲旧派(中央貴族層=既成官僚)が士林派(在地両班(ヤンバン)層=新進官僚)に対し,4回にわたって行った大弾圧。(1)1498年(燕山君4,戊午)の〈戊午士禍〉。成宗は勲旧派を牽制するため士林派を登用したが,成宗が死んで燕山君が即位すると,勲旧派は反撃に転じ,成宗実録の編纂に際して士林派の史官(金馹孫)が師(金宗直)の〈弔義帝文〉を草稿に入れたことを,〈項羽の義帝廃弑になぞらえた世祖非難である〉とし,これを口実に1498年,士林派に死刑,流刑,罷免の大弾圧を加えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の士禍の言及

【燕山君】より

…母尹氏の賜死事件のため性格異常をきたしたといわれ,全国に使臣を派遣して美女良馬を集め,円覚寺で妓生を養成,司諫院,経筵を廃して成均館を遊戯場とする等の非行が多かった。このような王の性格を利用した柳子光等勲旧勢力が,士禍をひきおこし,金宏弼等多くの士林が粛清された。成希願等が中宗を立てると燕山君に降封(王としての諱(いみな)を贈られず,王の兄弟として遇されること),江華島に流されて卒した。…

※「士禍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

士禍の関連キーワード代官党争李上佐李朝既成旧派旧派劇守旧派林巨正勲旧派

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone