コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金属超微粒子 きんぞくちょうびりゅうし super fine metal grain

1件 の用語解説(金属超微粒子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金属超微粒子
きんぞくちょうびりゅうし
super fine metal grain

数百程度の金属原子の集団から成り,電子顕微鏡でしか見えない微細な金属粒子。超微粒子は,(1) 表面積が非常に大きい,(2) 表面エネルギーがきわめて大きく,その力で内部に超高圧力 (数十万気圧) が生じている,(3) 強磁性体では,1個の粒子が単磁区 (永久磁石) となり非常に高い抗磁力を示す,(4) 金属光沢はなく光を吸収する,(5) 低温で熱抵抗性が低く,熱の良導体である,(6) 粘性流動塑性変形が起こりやすく,焼結性がよい,などの特徴を持つ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金属超微粒子の関連キーワード原子構造スケール非金属元素走査電子顕微鏡透過電子顕微鏡金属原子数ファノ効果(原子物理)フリーデル総和則金属組織金属原子半径

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone