コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金沢氏 かねさわうじ

2件 の用語解説(金沢氏の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金沢氏
かねさわうじ

執権北条氏の一族。北条義時の孫実時が武蔵国金沢郷に金沢文庫をつくり,その孫貞顕が金沢氏を称した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金沢氏
かねさわうじ

北条氏の一族で、北条泰時(やすとき)の弟実泰(さねやす)の子実時(さねとき)を祖とする。鎌倉四境の一つ武蔵国(むさしのくに)久良岐(くらき)郡六浦庄(むつらしょう)(横浜市金沢(かなざわ)区)を領す。実時は庄内金沢郷に屋敷をつくり、持仏堂(死後称名寺(しょうみょうじ)と号す)を建立し、金沢文庫を建てた。実時および子顕時(あきとき)は鎌倉幕府の評定衆(ひょうじょうしゅう)、引付頭人(ひきつけとうにん)を歴任した。顕時は1285年(弘安8)の霜月騒動(しもつきそうどう)で上総(かずさ)(千葉県)に流されたが、のち許された。顕時の子貞顕(さだあき)は六波羅探題(ろくはらたんだい)、連署(れんしょ)を歴任し、幕末には執権となった。北条氏一門として幕政に参画し信頼を得たが、1333年(元弘3・正慶2)の北条氏滅亡とともに金沢氏一族も滅んだ。[田辺久子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金沢氏の関連キーワード北条氏光得宗北条中先代金窪行親北条兼時(1)良祐(2)芳春院伊賀氏の変北条義時墓

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

金沢氏の関連情報