コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金融保護主義 キンユウホゴシュギ

デジタル大辞泉の解説

きんゆう‐ほごしゅぎ【金融保護主義】

金融機関外国から資金を引き上げ、国内に優先的に融資すること。公的資金で救済した金融機関に対して、政府が国内融資を優先するよう求めること。国際金融市場への資金供給が減少し、世界的な景気後退を長引かせるおそれがあると指摘されている。
国内の重要な企業・金融機関などが外国の政府系ファンドによって買収されることを阻止しようとすること。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android