コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釜敷(き) カマシキ

デジタル大辞泉の解説

かま‐しき【釜敷(き)】

釜・鍋・鉄瓶などを置くとき下に敷くもの。茶道では、籐(とう)、竹などを平たく編んだものを用いる。釜置き。
紋所の名。輪の形を種々に組み合わせたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かましき【釜敷】

釜・鉄瓶てつびん・やかんなどを置くとき、下に敷くもの。藁わら・竹・籐蔓とうづるなどで輪の形に作る。釜置き。
家紋の一。金輪を六角形・五角形状に組み合わせた意匠のもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android