コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釜敷(き) カマシキ

デジタル大辞泉の解説

かま‐しき【釜敷(き)】

釜・鍋・鉄瓶などを置くとき下に敷くもの。茶道では、籐(とう)、竹などを平たく編んだものを用いる。釜置き。
紋所の名。輪の形を種々に組み合わせたもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かましき【釜敷】

釜・鉄瓶てつびん・やかんなどを置くとき、下に敷くもの。藁わら・竹・籐蔓とうづるなどで輪の形に作る。釜置き。
家紋の一。金輪を六角形・五角形状に組み合わせた意匠のもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

釜敷(き)の関連キーワード香合(こうごう)茶道/茶事用語茶道具六角形板釜敷釜置きさんか月の輪やかん鉄瓶茶道とう小菊金輪交床

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android