コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉄瓶 テツビン

デジタル大辞泉の解説

てつ‐びん【鉄瓶】

湯を沸かす、つると注ぎ口のついた鋳鉄製の容器

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

鉄瓶【てつびん】

鋳鉄製の湯沸器茶釜から発達したもので,つぎ口とつるをつける。丸形,筒形,平丸形などがあり,胴は茶釜に準じて文様や霰(あられ)などの装飾をつける。南部鉄瓶岩手県の伝統的な特産,竜門堂鉄(京都)は高級品で蓋が銅製

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

てつびん【鉄瓶】

飲用の湯を沸かす鋳鉄製の,注口(つぎくち)とつる(提梁)をもった器。茶の湯釜の一種に,三足の釜に注口を設け肩の常張鐶付(じようばりかんつき)につるをつけた手取釜(てどりがま)があり,現在の鉄瓶の祖型と考えられている。1554年(天文23)に著された《茶具備討集》には〈手取,土瓶也,必有口〉とある。また佐野天命(明)(てんみよう)(現,栃木県佐野市)の鋳物師正田次郎左衛門が著した《湯釜由緒》には〈始メテ土瓶茶釜ナルモノヲ鋳造ス〉と見え,後者は明らかに金属製であるが,これによれば陶製の土瓶を祖型として鋳造したものかもしれない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

てつびん【鉄瓶】

湯をわかす鋳鉄製の容器。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

食器・調理器具がわかる辞典の解説

てつびん【鉄瓶】

火にかけて湯を沸かす、鋳鉄製の調理器具。つぎ口とつるが付き、多くは胴に地紋を鋳出(いだ)してある。岩手の南部鉄瓶、京都の龍文堂鉄瓶などが知られる。

出典 講談社食器・調理器具がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鉄瓶
てつびん

おもに鋳鉄でつくられ、直接火にかけて湯茶を沸かす用具。土瓶と同じような球形、または筒形、平円形の胴に注口(つぎぐち)と鉉(つる)が付属する。蓋(ふた)は胴と同じく鋳鉄製か、あるいは銅製が多い。胴には地文を鋳出するのが普通であるが、なかには金銀の象眼(ぞうがん)を施すものもある。一般に、茶の湯釜(がま)に比べて意匠を凝らすことが多い。また口元といい、内底に鉄片を漆で貼(は)り、湯が沸くときに音を発するようなくふうをしたものがある。
 茶の湯に用いる釜の一種に、三足で注口と鉉のついた手取(てどり)釜があるが、一般にこれが鉄瓶の祖型とされる。岩手県盛岡では、江戸時代中期に、南部藩の釜師が初めて土瓶形の茶の湯釜を製造し、これが南部鉄瓶の祖とされる。しかし、16世紀末の文献には、明らかに現在の鉄瓶に類した鋳鉄製の湯沸かし器を「土瓶」と記した例も多く(『湯釜由緒』など)、手取釜とは別に、薬湯用の陶製の土瓶からヒントを得て製作されたとも考えられる。また、京都の竜文(りゅうもん)堂は、江戸中期に、初めて蝋(ろう)の鋳型を用いて鉄瓶を製作したと伝える。
 いずれにせよ、鉄瓶自体が完成し普及したのは江戸時代に入ってからのことである。1713年(正徳3)刊の図説百科辞書『和漢三才図会』など、江戸初期の事典・辞書類には、鉄瓶の名はみえないから、その名称は、江戸中期以降に一般的になったのであろう。
 主産地としては、京都・大阪のほかに、岩手県の南部藩城下町であった盛岡が著名であり、「南部鉄瓶」とよばれている。これは砂鉄を原料とし鉄気(かなけ)が出ないことで愛用された。このほか、山形市、奥州(おうしゅう)市(岩手県)などが知られている。[森谷尅久・伊東宗裕]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

鉄瓶の関連キーワード平井 六右衛門(12代目)四方竜文(初代)四方竜文(4代)四方竜文(3代)四方竜文(2代)平井 六右衛門佐々木 宗彦平井六右衛門しゅんしゅん中本たか子大国 柏斎笑福亭鉄瓶長岡 鉄男引っ外す大国柏斎ちんちん星野立子木越正光山形鋳物桂佐ん吉

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鉄瓶の関連情報