釜鳴(読み)かまなり

精選版 日本国語大辞典の解説

かま‐なり【釜鳴】

〘名〙
や鑵で湯をわかしたり、飯をたいたりする時などに、湯などが煮えたぎってたてる音。釜吠え。
※性に眼覚める頃(1919)〈室生犀星〉「父の室へはいると相変らず釜鳴りがしてゐた。父はだまって茶をいれて服ませた」
② 釜の鳴る音と、その日の干支(えと)とによって吉凶を占うこと。あるいは、その時の釜の音。
延喜式(927)三「鎮竈鳴祭」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android