コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釜鳴り カマナリ

デジタル大辞泉の解説

かま‐なり【釜鳴り】

釜で湯を沸かしたり、飯を炊いたりするとき、釜がうなるように鳴ること。また、その音。昔は、これで吉凶を占った。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

釜鳴り
かまなり

飯を炊いたり湯を沸かしたりするとき、が振動して鳴っているような音を出すこと。これをなにか不思議なできごとの前兆と考える風が広く、多くは凶事の前触れとしている。女の湯巻(腰巻)をかぶせると鳴り止むともいい、あるいは麻裃(あさかみしも)の肩衣(かたぎぬ)を釜にかぶせて鳴りやんだという話もある。もともと物理的な現象であるが、のちに起こったできごとを関連づけて考えるのは、予兆一般のことである。[井之口章次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android