コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釜鳴り カマナリ

デジタル大辞泉の解説

かま‐なり【釜鳴り】

釜で湯を沸かしたり、飯を炊いたりするとき、釜がうなるように鳴ること。また、その音。昔は、これで吉凶を占った。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

釜鳴り
かまなり

飯を炊いたり湯を沸かしたりするとき、が振動して鳴っているような音を出すこと。これをなにか不思議なできごとの前兆と考える風が広く、多くは凶事の前触れとしている。女の湯巻(腰巻)をかぶせると鳴り止むともいい、あるいは麻裃(あさかみしも)の肩衣(かたぎぬ)を釜にかぶせて鳴りやんだという話もある。もともと物理的な現象であるが、のちに起こったできごとを関連づけて考えるのは、予兆一般のことである。[井之口章次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android