コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釜鳴り カマナリ

2件 の用語解説(釜鳴りの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かま‐なり【釜鳴り】

釜で湯を沸かしたり、飯を炊いたりするとき、釜がうなるように鳴ること。また、その音。昔は、これで吉凶を占った。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

釜鳴り
かまなり

飯を炊いたり湯を沸かしたりするとき、釜が振動して鳴っているような音を出すこと。これをなにか不思議なできごとの前兆と考える風が広く、多くは凶事の前触れとしている。女の湯巻(腰巻)をかぶせると鳴り止むともいい、あるいは麻裃(あさかみしも)の肩衣(かたぎぬ)を釜にかぶせて鳴りやんだという話もある。もともと物理的な現象であるが、のちに起こったできごとを関連づけて考えるのは、予兆一般のことである。[井之口章次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

釜鳴りの関連情報