コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釣競技 つりきょうぎ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

釣競技
つりきょうぎ

魚釣りの技 (わざ) と獲物の数や大きさなどを競う競技。魚種別および魚種を問わずに行う場合があり,競技会それぞれに一定のルールを定めて行う。外国では餌をつけた鉤 (かぎ) を投げ,その距離を競う競技や,正確に一定の範囲に投げることを競う競技も行われている。アメリカでは 1871年,サケのキャスティング選手権が開かれ,93年にはシカゴ・フライ・キャスティング・クラブが設立された。世界的機関としては 1939年に設立された,トローリングのインターナショナル・ゲーム・フィッシュ・アソシエーション IGFAがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

釣競技の関連キーワード魚釣り

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android