鈴木孫一(読み)すずき まごいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木孫一 すずき-まごいち

?-? 戦国-江戸時代前期の武将。
紀伊(きい)(和歌山県)本願寺門徒の雑賀(さいか)衆の指導者。石山本願寺合戦(1570-80)では,鉄砲衆をひきいて織田勢とたたかった。石山開城後は織田信長,ついで豊臣秀吉にしたがい小田原攻め,朝鮮出兵に出陣。関ケ原の戦いでは西軍に属し,敗北後は伊達政宗(まさむね)のもとに寄食。慶長11年徳川家康に3000石で登用された。名は重秀,重朝。通称は別に孫三郎,雑賀孫一(市)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android