コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雑賀 サイカ

7件 の用語解説(雑賀の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さいか〔さひか〕【雑賀】

《「さいが」とも》和歌山市の地名。戦国時代石山本願寺と結んだ雑賀衆が織田信長豊臣秀吉と戦った雑賀一揆の中心地。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

雑賀【さいか】

和歌山市の紀ノ川河口一帯をさした地名。〈さいが〉ともいう。鎌倉時代には雑賀御庄とよばれる平親宗領の荘園が成立しており,荘内に紀伊湊があった。戦国期には本願寺門徒を核に雑賀一揆を結成,雑賀衆とよばれた。
→関連項目雑賀孫市

雑賀【さいが】

雑賀(さいか)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

雑賀(さいか)

和歌山県、株式会社九重雑賀の製造する日本酒。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

さいか【雑賀】

紀伊国海部(あま)郡(現,和歌山市)の地名。〈さいが〉ともいう。紀ノ川の河口部に位置するため,古くから漁業や外洋航海に長じた海部集団がいたと考えられる。3本の隆起性砂丘が南北に発達していて,砂地の地域が多く,田地として容易に開作しうるところは少ない。ちなみに《万葉集》に雑賀野,雑賀の浦,《中右記》には雑賀の松原などとみえる。名勝の地とされる吹上浜は西部に,和歌浦玉津島は南部に位置し,奈良時代から平安時代にかけて,聖武,称徳,桓武の3天皇が玉津島に行幸して一躍世に知られるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さいか【雑賀】

和歌山市の地名。戦国時代、石山本願寺と結んで織田信長・豊臣秀吉と対抗した雑賀一揆の中心地。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雑賀
さいか

和歌山市西部の一地区。旧雑賀村。『万葉集』にも「紀の国の雑賀の浦」とある古くからの地名である。海部(あま)郡雑賀荘(しょう)の産土(うぶすな)神矢宮(やのみや)神社のある関戸を中心とする紀ノ川下流左岸部で、織田信長に追われた本願寺顕如(けんにょ)を迎えて信長と戦った雑賀衆で知られる。現在は住宅地となっていて、秋葉山公園がある。[小池洋一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雑賀の関連キーワード和歌山県和歌山市粟和歌山県和歌山市岩橋和歌山県和歌山市上野和歌山県和歌山市加太和歌山県和歌山市北和歌山県和歌山市毛見和歌山県和歌山市西和歌山県和歌山市西浜和歌山県和歌山市祢宜和歌山県和歌山市吹上

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

雑賀の関連情報