コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雑賀 サイカ

百科事典マイペディアの解説

雑賀【さいか】

和歌山市の紀ノ川河口一帯をさした地名。〈さいが〉ともいう。鎌倉時代には雑賀御庄とよばれる平親宗領の荘園が成立しており,荘内に紀伊湊があった。戦国期には本願寺門徒を核に雑賀一揆を結成,雑賀衆とよばれた。
→関連項目雑賀孫市

雑賀【さいが】

雑賀(さいか)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

雑賀(さいか)

和歌山県、株式会社九重雑賀の製造する日本酒

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さいか【雑賀】

紀伊国海部(あま)郡(現,和歌山市)の地名。〈さいが〉ともいう。紀ノ川の河口部に位置するため,古くから漁業や外洋航海に長じた海部集団がいたと考えられる。3本の隆起性砂丘が南北に発達していて,砂地の地域が多く,田地として容易に開作しうるところは少ない。ちなみに《万葉集》に雑賀野,雑賀の浦,《中右記》には雑賀の松原などとみえる。名勝の地とされる吹上浜は西部に,和歌浦・玉津島は南部に位置し,奈良時代から平安時代にかけて,聖武,称徳,桓武の3天皇が玉津島に行幸して一躍世に知られるようになった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さいか【雑賀】

和歌山市の地名。戦国時代、石山本願寺と結んで織田信長・豊臣秀吉と対抗した雑賀一揆の中心地。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雑賀
さいか

和歌山市西部の一地区。旧雑賀村。『万葉集』にも「紀の国の雑賀の浦」とある古くからの地名である。海部(あま)郡雑賀荘(しょう)の産土(うぶすな)神矢宮(やのみや)神社のある関戸を中心とする紀ノ川下流左岸部で、織田信長に追われた本願寺顕如(けんにょ)を迎えて信長と戦った雑賀衆で知られる。現在は住宅地となっていて、秋葉山公園がある。[小池洋一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

雑賀の関連キーワード新藤勘左衛門竈山・竃山尻啖え孫市鷺ノ森別院安田長兵衛心中万年草まごにゃん粉河[町]生の松原けんにょ和歌山県雜賀孫市十市の里下津権内石山合戦新和歌浦鈴木孫一雑賀孫一吹上の浜まごりん

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雑賀の関連情報