鈴木朱雀(読み)すずき すじゃく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木朱雀 すずき-すじゃく

1891-1972 大正-昭和時代の日本画家。
明治24年12月7日生まれ。野田九浦(きゅうほ)に師事し,川端画学校にまなぶ。大正9年帝展に「吟鳥」が初入選。おもに歴史人物画を発表。また菊池寛「日本武将譚」などの挿絵をえがいた。昭和47年5月4日死去。80歳。東京出身。本名は幸太郎。作品に「がらしゃ殿最後」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android