コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野田九浦 のだ きゅうほ

美術人名辞典の解説

野田九浦

日本画家。東京生。名は道三。東美校卒。寺崎広業に師事する。歴史に対する深い素養を備え、人物画を得意とする。狩野探幽の研究でも一家を成し、著書に『狩野探幽』がある。昭和46年(1971)歿、92才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

野田九浦【のだきゅうほ】

日本画家。本名道三。東京生れ。寺崎広業に師事し,東京美術学校日本美術院研究所に学び,白馬会研究所で洋画も研究。第1回文展に《辻説法》で2等賞を受け,11回展では《妙見詣》で特選となった。
→関連項目吉岡堅二

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野田九浦 のだ-きゅうほ

1879-1971 明治-昭和時代の日本画家。
明治12年12月22日生まれ。寺崎広業(こうぎょう)に師事し,白馬会研究所,日本美術院でまなぶ。歴史人物画を得意とし,帝展審査員。また,大阪朝日新聞社にはいり夏目漱石坑夫」などの挿絵をえがいた。芸術院会員。昭和46年11月2日死去。91歳。東京出身。東京美術学校(現東京芸大)中退。本名は道三。作品に「辻説法」「妙見詣(みょうけんもうで)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

野田九浦
のだきゅうほ

[生]1879.12.22. 東京
[没]1971.11.2. 東京
日本画家。本名,道三。寺崎広業に師事し,1896年東京美術学校に入学,翌年退学。日本美術院の研究生となり,白馬会研究所で西洋画も修めた。第1回文展に出品の『辻説法』 (1907,東京国立近代美術館) が2等賞を受けた。以後,文展,帝展に出品する一方,中央画壇を離れて大阪朝日新聞社で挿絵を描いた。 1912年大正美術会を結成。第 11回文展に出品の『妙見詣』 (17) が特選となり,以後は文展,帝展,日展の審査員,帝国芸術院会員をつとめた。また 24年煌土社を創立,38年日本画院を起し,51年金沢美術大学教授になるなど美術界の長老として重きをなした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

野田九浦
のだきゅうほ
(1879―1971)

日本画家。東京生まれ。本名道三。寺崎広業(こうぎょう)に師事し、東京美術学校、白馬会(はくばかい)研究所などで学ぶ。1907年(明治40)第1回文展の『辻(つじ)説法』で二等賞受賞。同年大阪朝日新聞社に入社し、夏目漱石(そうせき)の『坑夫』の挿絵も担当。以後大阪画壇の育成に努める。17年(大正6)第11回文展で特選。25年から数度の帝展審査員を経て、47年(昭和22)に帝国芸術院会員となり、以後は日展で活躍。画塾煌土社(こうどしゃ)をおこし、日本画院創立にも加わった。代表作に『妙見詣(みょうけんもうで)』『恵林寺(えりんじ)の快川(かいせん)』など。[二階堂充]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

野田九浦の関連キーワード武蔵野市立吉祥寺美術館吉岡 堅二松本 姿水竹森 節堂鳥谷 幡山穴山 勝堂鈴木 朱雀昭和時代島 成園北野恒富鳥谷幡山前田鳳堂松本姿水竹森節堂藤田隆治鈴木朱雀島成園明治

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

野田九浦の関連情報