鈴木荘蔵(読み)すずき しょうぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木荘蔵 すずき-しょうぞう

1822-1865 幕末の武士。
文政5年生まれ。常陸(ひたち)水戸藩士。元治(げんじ)元年天狗(てんぐ)党の乱の際,藩主徳川慶篤(よしあつ)の名代松平頼徳(よりのり)の軍にくわわり,那珂湊(なかみなと)で藩内保守派(諸生党)および幕府軍とたたかい降伏。下総(しもうさ)古河(こが)藩(茨城県)に捕らえられ元治2年4月5日切腹。44歳。名は宜大。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android