コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木謙三 すずき けんぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木謙三 すずき-けんぞう

1906-1975 大正-昭和時代の実業家。
明治39年2月24日生まれ。大正7年から名古屋の薬種問屋につとめる。昭和7年独立し,医薬品卸商の鈴木謙三商店(現スズケン)を設立。従来の薬局卸しを病院・医院卸し専門にきりかえ,売上高を国内1位にのばす。また医療器具の分野にも進出した。昭和50年4月2日死去。69歳。愛知県出身。名古屋商業中退。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鈴木謙三の関連キーワード鈴木 謙三昭和時代実業家

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android