鈴木黄軒(読み)すずき おうけん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木黄軒 すずき-おうけん

?-? 江戸時代後期の儒者。
常陸(ひたち)水戸藩士。名は鐸。字(あざな)は振道,素道。通称は四郎右衛門。著作に「劔甲(けんこう)新論」「武教全書解」,日記に「甲寅(こういん)紀略」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android