コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴釧 スズクシロ

デジタル大辞泉の解説

すず‐くしろ【鈴×釧】

外側に5、6個の鈴をつけた青銅製の腕輪古墳時代に用いられた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

すずくしろ【鈴釧】

周囲に数個の鈴を取り付けた青銅製の腕輪。古墳時代後期の遺物。 → くしろ

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の鈴釧の言及

【釧】より

…《万葉集》には〈くしろ〉〈たまくしろ〉などの用例があり,柿本人麻呂の〈くしろ着く手節(たふし)の崎に〉(巻1)の歌によって,手節すなわち手首に着装したこともわかる。考古学用語としては,主として古墳時代の遺物にこの語を用いて,材質によって石釧,貝釧,銅釧(かなくしろ)などを区別し,形態によって鈴をつけた銅釧を鈴釧などとよぶ。【小林 行雄】。…

※「鈴釧」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鈴釧の関連キーワード亀塚古墳上島古墳

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android