鉄灸(読み)てっきゅう

精選版 日本国語大辞典「鉄灸」の解説

てっ‐きゅう ‥キウ【鉄灸・鉄橋・鉄弓キュウ

〘名〙 火の上にかけ渡して、魚などをのせてあぶるのに用いる、細い鉄の棒を格子状に組んだり網状に編んだりしたもの。鉄架。てっきょう。焼き網。
※俳諧・俳諧三部抄(1677)上「てっきうや鍛冶の懸たる栬ふな」
※浄瑠璃・夏祭浪花鑑(1745)六「火鉢にかけし鉄橋(テッキウ)の、火に成たのを追っ取て」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「鉄灸」の解説

てっ‐きゅう〔‐キウ〕【鉄×灸】

(「鉄弓」「鉄橋」とも書く)火の上にかけ渡して魚などをあぶるのに用いる、細い鉄の。また、細い鉄線を格子状に編んだもの。鉄架。てっきょう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

食器・調理器具がわかる辞典「鉄灸」の解説

てっきゅう【鉄灸】

火の上に2本かけ渡し、に刺した魚などをのせてあぶるのに用いる鉄製の角柱形の細長い棒。また、鉄線を格子状に編んだもの。◇「鉄架(てっか)」ともいう。「鉄弓」「鉄橋」と書くこともある。

出典 講談社食器・調理器具がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android