コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉄線花

美術人名辞典の解説

鉄線花

清浄この上ない白と気品高い青紫色の鉄線が花開き、背景の金とあいまって、光あふれる初夏の風情に満ち溢れている。わずか26歳という若さで、文展二等という最高賞を受賞したことが精神的重圧となって長く南風を苦しめたが、四季自然の花鳥を徹底して写生することによってその壁を乗り越えた。以後、花鳥画を得意として独自の画境をうちたて、とくに齢八十を超えてからは、画題・構図・彩色ともに自由闊達な画境に到達した。本図にも、その天衣無縫な精神が大きく表されていよう。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

鉄線花 (テッセンカ)

植物。キンポウゲ科の落葉木質つる植物,園芸植物,薬用植物。テッセンの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android