鉄骨ALC工法(読み)てっこつエーエルシーこうほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

柱や鉄骨で,外壁には ALC板 (軽量気泡コンクリート) を用いる工法。部品化されているため工場生産の容易な建築工法である。 ALCは軽量・安価でかつ防火性にすぐれていることから,近年鉄骨造住宅やほかの住宅の外壁材として多用されている。特に地盤の弱い都市域では,耐火性にすぐれかつ軽量なこの工法の採用が増加している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android