新建材(読み)しんけんざい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新しく開発された建築材料の俗称。いろいろのものがあるが,なかでもプラスチックを利用したものの進出がめざましい。スチロール,ウレタンなどの断熱材塩化ビニルポリエステルなど家具に使われる板材のほか,化粧板,プラスチック床材などがある。ガラスコンクリートなども一時は新建材といってよいものであったが,通常新建材という場合は,主として第2次世界大戦後に開発されたものをさすことが多い。施工性にすぐれ,かつ各種の建築性能や表現効果をねらって多種多様な製品が開発されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

新建材についての厳密な定義はないが,通常の概念では比較的最近になって使用されだした建築材料(略称して建材という)の総称として用いられる。この中には在来の建材として使用されてきたものに対する代替材料としての新建材もあるし,今までにまったく使用されることのなかった材料としての新建材もある。前者の例としては木製サッシュに代わるアルミサッシュ,木ずりに代わる石こうボードなど,後者の例としては軽量気泡コンクリート(ALC),シーリング材(目地まわりに充てんする合成樹脂や合成ゴムのペースト状材料。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 従来用いられなかった材質のものや、新しい製法によって作りだされた建築材料。テックス、石膏ボード、軽量鉄骨、プリント合板、ビニールクロース、ビニタイルなどの類。〔新住居入門(1963)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

朝三暮四

《中国、宋の狙公(そこう)が、飼っている猿にトチの実を与えるのに、朝に三つ、暮れに四つやると言うと猿が少ないと怒ったため、朝に四つ、暮れに三つやると言うと、たいそう喜んだという「荘子」斉物論などに見え...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android