鉛硝子(読み)なまりガラス

精選版 日本国語大辞典の解説

なまり‐ガラス【鉛硝子】

〘名〙 (ガラスはglas) 組成中に酸化鉛を含有するガラス。光の屈折率が大きく光沢があり、柔らかくて溶けやすく加工性にすぐれる。工芸ガラスとして用いるときはクリスタルガラス、光学ガラスの場合はフリントガラスともいう。高級食器、光学器械やネオン灯、蛍光灯などの管球用ガラスに用いられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android