鉛硝子(読み)なまりガラス

精選版 日本国語大辞典「鉛硝子」の解説

なまり‐ガラス【鉛硝子】

〘名〙 (ガラスはglas) 組成中に酸化鉛を含有するガラス。光の屈折率が大きく光沢があり、柔らかくて溶けやすく加工性にすぐれる。工芸ガラスとして用いるときはクリスタルガラス光学ガラスの場合はフリントガラスともいう。高級食器、光学器械ネオン灯蛍光灯などの管球用ガラスに用いられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android