コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銀杏お藤 いちょう おふじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

銀杏お藤 いちょう-おふじ

?-? 江戸時代中期の女性。
江戸浅草寺奥山の銀杏下の楊枝(ようじ)見世柳屋の娘で,笠森お仙,蔦屋お芳とともに明和(1764-72)のころの三美人のひとりとされた。大田南畝(なんぽ)は「お仙お藤優劣弁」をかいた。「用事(楊枝)ないのに用事をつくり,今日も朝から二度三度」とお藤の店にむらがる人々の様子がうたわれた。明和6年初夏に店から姿をけした。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

銀杏お藤の関連キーワード柳屋お藤

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android