コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銀杏お藤 いちょう おふじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

銀杏お藤 いちょう-おふじ

?-? 江戸時代中期の女性。
江戸浅草寺奥山の銀杏下の楊枝(ようじ)見世柳屋の娘で,笠森お仙,蔦屋お芳とともに明和(1764-72)のころの三美人のひとりとされた。大田南畝(なんぽ)は「お仙お藤優劣弁」をかいた。「用事(楊枝)ないのに用事をつくり,今日も朝から二度三度」とお藤の店にむらがる人々の様子がうたわれた。明和6年初夏に店から姿をけした。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

銀杏お藤の関連キーワード柳屋お藤

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android