コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楊枝 ようじ

4件 の用語解説(楊枝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

楊枝
ようじ

楊子とも書く。歯を清潔にする用具。インド,中国に始り,日本でも平安時代から,ヤナギの枝を細長く削り,先をとがらせたものを用いた。昔の楊枝は小は3寸 (約 9cm) ,大は1尺2寸 (約 36cm) で,いったいに長く,小さいものを小楊枝爪楊枝と呼び,歯磨き用と区別した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

よう‐じ〔ヤウ‐〕【×楊枝/×楊子】

《もと楊柳の材を用いたところから》
歯の間にはさまったものを取り除いたり、食物を刺したりするのに用いる、先をとがらせた細く短い木の棒。つま楊枝。小楊枝。
歯のあかをとり、きれいにするための道具。楊柳の材の先端をたたいて総(ふさ)状にしたもの。ふさ楊枝。
楊(やなぎ)の枝。昔、病気の治癒(ちゆ)を願ったり、人に害を与えたりするための呪(まじな)いに用いた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食器・調理器具がわかる辞典の解説

ようじ【楊枝/楊子】

歯の間に詰まったものを取り除いたり、食物を刺して取ったりするのに用いる、10cm未満程度の細い棒。先の尖った爪(つま)楊枝と端を打ち砕いて房のようにした房楊枝があるが、一般には爪楊枝をいうことが多い。材質には柳、白樺、黒文字、象牙、プラスチックなどがある。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

楊枝
ようじ

歯を掃除する用具。現在では歯間用の妻(つま)(爪)楊枝をさす場合がほとんどであるが、本来は歯ブラシのように使用する種類も含む。語源は、中国において楊柳(ようりゅう)でつくられたことからきている。この漢語が現物とともに日本に渡来し、そのまま「ようじ」と音読され普及したようである。このことは、平安時代中期の分類体辞典『倭名類聚抄(わみょうるいじゅしょう)』にすでに楊枝の名称がみえるが、その和名は掲げられていないことからもわかる。10世紀なかばに藤原師輔(もろすけ)が記した『九条殿遺誡(くじょうどのいかい)』には、子孫に与える訓戒として、毎朝楊枝を使えといっているので、少なくとも貴族社会には普及していた。大きさについて室町時代中期の辞書『嚢鈔(あいのうしょう)』は、「三寸(約9センチメートル)ヲ最小トシ、一尺二寸(約36センチメートル)ヲ最大トス」と記し、現在の妻楊枝よりもかなり長いものであった。
 江戸時代には庶民の間に普及し、歯みがき用に先端を打ち砕いた総(ふさ)楊枝や、妻楊枝の原型である小(こ)楊枝など、さまざまな種類がつくられた。材料はクロモジの木がおもに使われ、京都では粟田口(あわたぐち)、江戸では浅草が製造・販売所としてとくに名が高かった。現在では歯ブラシの普及で姿を消し、わずかに妻楊枝のみが使われている。[森谷尅久・伊東宗裕]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

楊枝の関連キーワード大翳苧頭巾雁点紅白年歳白麻莫臥児柳の間ばらん

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

楊枝の関連情報