コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楊枝 ようじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

楊枝
ようじ

楊子とも書く。歯を清潔にする用具。インド,中国に始り,日本でも平安時代から,ヤナギの枝を細長く削り,先をとがらせたものを用いた。昔の枝は小は3寸 (約 9cm) ,大は1尺2寸 (約 36cm) で,いったいに長く,小さいものを小楊枝爪楊枝と呼び,歯磨き用と区別した。材にはヤナギのほかクロモジ,モモ,スギ,タケなどを用いたが,特に爪楊枝にはクロモジの皮を一部残したものが,芳香を好まれ,クロモジが楊枝の別称になった。明治以後は外来の歯ブラシが普及したが,これも楊枝と呼ばれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

よう‐じ〔ヤウ‐〕【×楊枝/×楊子】

《もと楊柳の材を用いたところから》
歯の間にはさまったものを取り除いたり、食物を刺したりするのに用いる、先をとがらせた細く短い木の棒。つま楊枝。小楊枝。
歯のあかをとり、きれいにするための道具。楊柳の材の先端をたたいて総(ふさ)状にしたもの。ふさ楊枝。
楊(やなぎ)の枝。昔、病気の治癒(ちゆ)を願ったり、人に害を与えたりするための呪(まじな)いに用いた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

食器・調理器具がわかる辞典の解説

ようじ【楊枝/楊子】

歯の間に詰まったものを取り除いたり、食物を刺して取ったりするのに用いる、10cm未満程度の細い棒。先の尖った爪(つま)楊枝と端を打ち砕いて房のようにした房楊枝があるが、一般には爪楊枝をいうことが多い。材質には柳、白樺、黒文字象牙プラスチックなどがある。

出典 講談社食器・調理器具がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

楊枝
ようじ

歯を掃除する用具。現在では歯間用の妻(つま)(爪)楊枝をさす場合がほとんどであるが、本来は歯ブラシのように使用する種類も含む。語源は、中国において楊柳(ようりゅう)でつくられたことからきている。この漢語が現物とともに日本に渡来し、そのまま「ようじ」と音読され普及したようである。このことは、平安時代中期の分類体辞典『倭名類聚抄(わみょうるいじゅしょう)』にすでに楊枝の名称がみえるが、その和名は掲げられていないことからもわかる。10世紀なかばに藤原師輔(もろすけ)が記した『九条殿遺誡(くじょうどのいかい)』には、子孫に与える訓戒として、毎朝楊枝を使えといっているので、少なくとも貴族社会には普及していた。大きさについて室町時代中期の辞書『嚢鈔(あいのうしょう)』は、「三寸(約9センチメートル)ヲ最小トシ、一尺二寸(約36センチメートル)ヲ最大トス」と記し、現在の妻楊枝よりもかなり長いものであった。
 江戸時代には庶民の間に普及し、歯みがき用に先端を打ち砕いた総(ふさ)楊枝や、妻楊枝の原型である小(こ)楊枝など、さまざまな種類がつくられた。材料はクロモジの木がおもに使われ、京都では粟田口(あわたぐち)、江戸では浅草が製造・販売所としてとくに名が高かった。現在では歯ブラシの普及で姿を消し、わずかに妻楊枝のみが使われている。[森谷尅久・伊東宗裕]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

楊枝の関連キーワード重箱の隅を楊枝でほじくる楊枝で重箱の隅をほじくる重箱の隅は杓子で払え武士は食わねど高楊枝重箱の隅をつつくちば黒文字楊枝いちはら小楊枝楊枝・楊子梅ケ瀬楊枝ヨウジウオ肝木房楊枝歯磨き楊枝いすみ楊枝銀杏お藤羽根楊枝べんべら吉原楊枝打ち楊枝長生楊枝楊枝入れ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

楊枝の関連情報