コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笠森お仙 カサモリオセン

7件 の用語解説(笠森お仙の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かさもり‐おせん【笠森お仙】

江戸谷中(やなか)、笠森稲荷(いなり)境内の水茶屋鍵屋の娘。明和(1764~1772)のころ、浮世絵に描かれて評判となった美人。黙阿弥の「怪談月笠森」などにも戯曲化された。生没年未詳。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

笠森お仙 かさもり-おせん

1751-1827 江戸時代中期-後期の女性。
宝暦元年生まれ。江戸谷中笠森稲荷の水茶屋鍵屋五兵衛の娘。18歳のころから浅草寺内の銀杏(いちょう)お藤,蔦屋お芳とともに江戸三美人ともてはやされ,錦絵にえがかれ,歌舞伎の題材にもなった。のち幕府御家人と結婚。文政10年1月29日死去。77歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

笠森お仙

没年:文政10.1.29(1827.2.24)
生年:宝暦1(1751)
江戸中期の美女。江戸郊外,谷中の感応寺境内の笠森稲荷門前にあった水茶屋鍵屋五兵衛の娘で,大黒舞や手鞠唄に唄われ,芝居に仕組まれたり,錦絵の一枚絵や草双紙などにも描かれるほど,江戸の人気を集めた。明和7(1770)年2月,忽然と姿を消し,店には父親五兵衛がいるだけとなったので,失望した男たちの間に「とんだ茶釜が薬罐に化けた」という言葉が流行したという。実際は,お仙は笠森稲荷の祭主でお庭番(幕府の隠密)の倉地政之助と結婚し,外界と遮断された桜田の御用屋敷に住み,幸せな生涯を送った。

(宇田敏彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

江戸・東京人物辞典の解説

笠森お仙

1751〜1827(宝暦元年〜文政10年)【町人】浮世絵や人形、芝居にもなった、江戸No.1アイドル。 江戸谷中の笠森明神の水茶屋で働いていた看板娘。明和三美女の一人。鈴木春信を初め多数の錦絵や評判記が残る。大田南畝は『半日閑話』で、「谷中笠森稲荷地内水茶屋女お仙(18歳)美なりとて皆人見に行き」など、その人気ぶりは錦絵や手ぬぐい、人形、お仙を題材にした狂言まで作られるほどだったと書いている。後、幕臣の倉地甚左衛門と結婚、数人の子どもをもうけた。

出典|財団法人まちみらい千代田
監修:江戸東京博物館 都市歴史研究室長 北原 進
(C) 財団法人まちみらい千代田
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かさもりおせん【笠森お仙】

江戸幕府の御家人倉地甚左衛門の妻。生没年不詳。江戸谷中(現,台東区)の笠森稲荷境内の水茶屋の娘で,美人として評判になった。《曳尾庵(えいびあん)随筆》によれば,1777年(安永6)に浅草観音堂の楊枝(ようじ)店,上野山下の水茶屋にも美人がいて,お仙とともに人気があったという。しかも,これらの女性たちは錦絵に刷られ,市中でもてはやされた。なかでもお仙は一番人気があったといわれる。【吉原 健一郎】 美女として評判がたちはじめたのは1768年(明和5)お仙18歳のときから。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かさもりおせん【笠森お仙】

○ 江戸谷中、笠森稲荷地内の茶屋の娘。明和(1764~1772)頃の錦絵に描かれた柳腰で知られた美人。
歌舞伎「怪談月笠森」の通称。世話物。河竹黙阿弥作。1865年江戸守田座初演。をモデルとし、殺された姉の仇あだを討つ筋に脚色。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

笠森お仙
かさもりおせん

明和(めいわ)初年(1764~69ころ)に江戸・谷中(やなか)の笠森稲荷(いなり)境内にあった水茶屋の鎰屋(かぎや)にいた給仕女。浅草観音裏の楊枝(ようじ)店の柳屋お藤(ふじ)、浅草二十軒茶屋の蔦屋(つたや)お芳(よし)とともに美人の茶屋女、看板娘として評判が高かった。なかでもお仙は人気が高く、初期錦絵(にしきえ)の美人画モデルとして一枚絵の錦絵になったほか、歌舞伎(かぶき)芝居に脚色された。1770年(明和7)に御家人の倉地政之助(まさのすけ)の妻となり、1829年(文政12)病没。「向こう横町のお稲荷さん……」の手鞠唄(てまりうた)に名を残す。[原島陽一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の笠森お仙の言及

【腰】より

…一般に背骨の下部,上半身を曲げたりひねったりすることのできる部位を指す語。解剖学的には腰部の範囲は狭小だが,日常語としての〈こし〉が指す部分はあいまいで広い。〈こしぼね〉には寛骨や仙椎も含まれ,〈こしをかける〉とは実は尻をかけることである。柔道で相手を臀部に乗せて回し投げる技を腰車という。武士は腰刀を側腹部に差していた。くびれた腰の線とは側腹部を後ろから見た輪郭のことである。このようなあいまいさは他の言語にもある。…

【茶店】より

…江戸では明暦の大火(1657)後,浅草待乳(まつち)山聖天宮門前の茶店が奈良茶(茶飯)を売り出して評判となり,宝暦年間(1751‐64)には隅田川右岸の真崎(まつさき)稲荷社内の茶店が田楽を売物にして客を集めた。つづく明和(1764‐72)ごろからは笠森稲荷(谷中)や浅草寺の境内その他の茶店が美しい看板娘を置いて評判になり,笠森お仙,難波屋おきたなどは錦絵にも描かれてその名をうたわれた。茶屋【西村 潔】。…

【茶屋】より

…茶屋に酒を置き,そのさかなの副食物から主食物までを提供するようになるのは自然の推移で,それぞれ煮売(にうり)茶屋,料理茶屋といい,寛文(1661‐73)ごろに始まっている。これらの茶屋にも給仕女が雇われ,水茶屋には客寄せに美人を置く店があり,江戸で有名な笠森お仙は明和ごろ(1770年前後)の水茶屋女である。彼女らは営業用に赤い前垂れを着けたので赤前垂れと俗称された。…

※「笠森お仙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

笠森お仙の関連キーワード僧萬庵藤山惟熊伊呂波茶屋八百八町美女谷中生姜感応寺十兵衛羽川藤水湊屋お六

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

笠森お仙の関連情報