銅アンミン錯塩(読み)どうアンミンさくえん(英語表記)copper ammine complex salt

世界大百科事典 第2版の解説

どうアンミンさくえん【銅アンミン錯塩 copper ammine complex salt】

アンモニア錯塩ともいう。(II)イオンにアンモニアが位した銅錯体総称テトラアンミン銅錯体は最もよく知られる。硫酸銅のアンモニア水溶液にアルコールを加えると[Cu(NH3)4]SO4・H2Oの大きな青紫色結晶が生じる。この錯体では,4個のアンモニア分子が銅のまわりに平面正方形に配位し,それと垂直な方向に1個の水分子が配位している。無水硫酸銅固体に気体アンモニアを作用させると[Cu(NH3)5]SO4が得られる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android