コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銚子縮 チョウシチヂミ

デジタル大辞泉の解説

ちょうし‐ちぢみ〔テウシ‐〕【×銚子縮】

茨城県神栖(かみす)市付近で産出する木綿縮銚子市から諸方に出荷したのでこの名がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょうしちぢみ【銚子縮】

〔千葉県銚子市から諸方に送り出すところから〕
銚子の対岸、茨城県神栖かみす市より産出する縮。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

銚子縮
ちょうしちぢみ

綿(めんちぢみ)の一つ。もと天明(てんめい)年間(1781~89)に織り出された茨城県神栖(かみす)市波崎(はさき)の波崎縞(はざきしま)で、一漁婦が考案したが、銚子の海上商人の手によって全国に広く販売されたために、幕末には銚子縮と名づけられるようになった。綿縮は、綿糸に強撚糸(ねんし)をかけたものを製織したもので、日常着として汗をはじくのに適当な生地(きじ)として使用された。明治に入ると、今度は銚子において近代紡績糸を使用して盛んになり、一時は関東地方に普及をみるが、他の綿織物に押されて衰退し、第二次世界大戦後にまた復活をみることとなった。[角山幸洋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の銚子縮の言及

【縮】より

…麻の小千谷縮はもと越後縮ともいい,1670年(寛文10)ころ,明石藩の浪士によって織り出された。綿縮は明和(1764‐72)から天明(1781‐89)のころ,千葉の漁師たちの間で川越縞を模して波崎縞が織られていたが,強撚糸使いの縮が創製され,のち銚子縮として広まったのが始まり。寛政年間(1789‐1801)には阿波しじらがつくられた。…

※「銚子縮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

銚子縮の関連キーワード千葉県銚子市銚子(市)対岸綿縮

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android